査定と下取りについて

査定には「買取」と「下取り」がある

愛車がいくらで売れるか? それは相手がいくらで買ってくれるか、という事情が大きく影響します。

「なんの話だろう?」と思うかも知れませんが、たとえばクルマを買う側には「買ったクルマを売って商売をする」人と「クルマを買った上で新しいクルマを売って商売する」人がいるわけです。前者は主に中古車専門販売店や買取専門店、後者はディーラーです。商売が違えば、査定のポイントも違ってきます。

たとえば中古車専門販売店や買取専門店は、世間の相場に精通しています。車両の状態はもちろん、グレードやオプションの有無、ボディカラーや年式、走行距離等、それぞれを参考に中古車市場の流通価格とあわせチェックします。

ところがディーラーは事情が違います。クルマを買うことが目的なのではなく、新しいクルマを売るための下取りです。ですから新車販売を伸ばすキャンペーン中だったりすると、その分査定額に上乗せされることがあります。新型車も発売直後は大幅な値引きができないため、査定額を上乗せしてお得感を訴えることもします。また特定のライバル車種を高く買取、自社のシェアを拡大するなど、一般にはわかりづらい理由で査定額が変わります。一方では、売ると買うを別々にするのが面倒、というユーザーが多いことを知っています。査定額より新車価格に気がとられているユーザーには、それなりの計算もおこないます。

いずれにせよ言えることは、「買取」と「下取り」では、査定の基準が違う、ということ。

そしてどっちが得かは、その場の状況で大きく違ってくる、ということ。

だから、高く売るつもりであれば(そして買い替えが目的なら)、中古車専門販売店、買取専門店、とディーラーのそれぞれに査定してもらうのがいちばんなのです。

買取には、店の「クセ」がある

中古車専門販売店や買取専門店は、世間の下取り価格に精通している、という話をしました。

しかし店によって買取価格は違います。これは、買取専門店の「クセ」みたいなものが影響してくるのです。

たとえば中古車専門販売店は、自分の得意とする車種は高く買ってくれることがあります。買取から販売まで一手におこなっている業者は、自分が売りやすい車種を欲しがる傾向があります。

一方車買取専門店の卸先は、主に中古車オークションです。中古車オークションは季節によって買取価格が変動したり、ある車種が突然集中して売れたりします。ここでも買い手の都合が影響してくるわけです。

ですから、廃車にするしかないと思っていたクルマが、なんらかの事情でいい値で売れることもあります。この辺の経験値を持っている買取専門店は、独自の基準で査定することがあります。

クルマは査定額を比較して売ろう

「相見積(あいみつ)」ということばをご存知ですか? 見積を複数からとって、一番安い金額を提示した業者に仕事を頼んだり購入を決めたりすることです。これは査定も同じ。複数の業者に査定をしてもらえば、それぞれに買取価格を提示してきます。あなたはもっとも高く買ってくれる業者を選べばいいのです。

実際には、査定にも手間がかかります。何社にも査定してもらうのは面倒なもの。でも査定額の幅は意外と大きいのです。また複数査定だと告げると、査定額も若干影響を受けることもあるのです。クルマを査定するなら、複数の会社に見積りを依頼するのがいちばんです。