中古車査定で売る時に必要な書類

車を売却する際には、いくつかの書類が必要となります。これらを事前に用意しておくことで、車の買取手続きはスムーズに行えます。委任状や譲渡証明書などは、車買取業者で用意してくれることが普通ですが、念のため必要書類は事前に確認しておきましょう。

(1)実印

小型&普通車は移転登録を要するため、発行されてから3か月以内の印鑑証明書を用意します。車を売るユーザーは、印鑑証明に登録された実印を使って、譲渡証明書に押印します。買取店などに売却した時は、移転登録を任せる事がおおいですから、譲渡委任状にも押印する必要があります。従って手続きをする時には、実印も備えておきましょう。なお、軽自動車は届け出になるので認印で良いです。

(2)印鑑証明書

市区町村が証明する実印の登録証書。車の購入時にも使ったものです。有効期限があるため、発行日から3カ月以内のものが必要です。車の買取の際には委任状、譲渡証明書に実印を使用する為、実印の登録を証明するために必要となります。

(3)自動車検査証(車検証)

売却時に必要な書類には、小型&普通車、軽自動車を問わず自動車検査証(車検証)があります。クルマに常に備えているはずですので、手間をかけて取り寄せる必要はありません。ただしディーラーローンの支払いが終わっていなかったりすると、所有権が留保されていて、所有者の名義が販売会社などになっていることがあります。この時には移転登録のために所有権を解除する必要があり、別途、手間を要します。

(4)自動車税納税証明書

自動車納税証明書も添付しなければなりません。自動車税、あるいは軽自動車税が納められていることを証明する書類で、新たに車検を取得する時にも必要です。納税証明書には有効期限があるのでこれにも注意が必要です。紛失した場合は各都道府県の税事務所で再発行してもらえますので車買取業者に相談しましょう。

(5)自賠責保険証

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の保険証明書も必要です。自動車検査証と一緒にグローブボックスなどの内部に収められていることが多いです。この期限が過ぎていると車を手放すことはできません。紛失した場合は保険会社に再発行してもらう必要がありますので、車買取業者に相談しましょう。

(6)リサイクル券

自動車リサイクル法に基づくリサイクル料金が支払われていることを証明する書類です。こちらも車検証と一緒に保管されている可能性が高いものです。紛失した場合は、自動車リサイクルシステムのホームページから『自動車リサイクル料金の預託状況』を印刷すると、その書面がリサイクル券の代替となります。

以上が必要な書類ですが、自動車検査証に記載されている住所と印鑑登録証明書の住所が異なっている時は、住民票も添付します。結婚をしたりして名字が違っている時にも住民票が必要です。買取店などに愛車を売却することが決まった段階で、スタッフに必要な書類を問い合わせておきましょう。そして愛車の価値は時間の経過に伴って低下していきますので、書類を揃えるのが遅れると、改めて査定をやり直すことになります。そうなれば査定額も下がってしまいますから、書類は迅速に揃えたいところです。