中古車査定の売れるまでの流れ

査定から代金振り込みまで

愛車の査定を受けると、翌日、あるいは数日間で、ユーザーに査定額が知らされます。新車ディーラーの場合、以前は査定を行って即座に査定額を提示することもありましたが、今はその車両の人気度などを含めて、中古車市場における流通価値を正確に判断します。車種やグレード、年式と走行距離だけで単純に算出することはありません。それでもさほど時間を置かずに査定額を通知してくるでしょう。

ユーザーとしては、複数の買取店、新車を買う場合は新車ディーラーを含めて、複数の業者に査定させるのが得策です。見積書がそろったら、それぞれの買取店や新車ディーラーに結果を報告します。そうすると、自社に売却して欲しいために、査定額を上乗せするケースもあるからです。有利な相手を選び、愛車を高額で手放せるわけです。そして売りたい相手が決まったら、その意思を相手に伝えて後日、車を売却することになります。

必要な書類は迅速にそろえます。自動車検査証(車検証)、自賠責保険証明書、自動車納税証明書は、車内や自宅に保管されているはずですのですぐにそろえることが可能です。注意したいのは実印の印鑑登録証明書で、区役所などに出向いて取得する必要があります。書類がそろわずに時間が長引くと、愛車の査定額も下がってしまいます。中古車の価値は時間の経過に伴って減ってくるからです。なので印鑑登録証明書は、売却する業者が決まった段階で素早く取りに出向きましょう。

そして車両と名義変更に必要な上記の書類を業者に渡し、ローンの残債の支払いなども終わると、後日、車両の代金が銀行口座などに振り込まれます。新車を買う時にディーラーに売却すれば、新車の購入代金に充当されます。ユーザーとして心配なのは、車両の代金が間違いなく振り込まれるか、という点でしょう。売却してからの流れ、特にいつ代金が振り込まれるかという日程は、買取店の営業マンに正確に確認しておきます。

買取店の信用度を必ずチェック

また、愛車を引き渡した後に車両の代金が振り込まれる以上、信用の置ける業者か否かをチェックすることも大切です。愛車の査定を受ける時などに、どのような実績のある会社なのかを尋ね、営業マンの反応も踏まえて信用度を判断します。事務的な会話をしている時でも、会社の様子は分かると思います。出張査定を受けた時は、一度、店舗に出向いて商談すると、会社の様子を把握できます。

3ステップで簡単入力、あとは車買取店から連絡を待つだけ

価格.com 車買取・中古車査定では、いま住んでいる地域から最寄りの複数車買取店へ、オンライン上から一括で車の買取査定依頼を申し込みをし、車を売却する事が出来ます。一括査定により、複数車買取店の査定額を比較して、一番お得な買取店へ車を売ることができます。この価格.com 車買取・中古車査定サービスの申し込みとご利用は、すべて無料です。

中古車査定の3つのステップ

1 専用フォームよりお申し込み

郵便番号を入力し、ボタンを押すと、カーセンサーのページに移動します。

2 カーセンサー.net より確認のメールが届きます

カーセンサーnet(株式会社リクルート)より、確認のメールが届きます。

3 査定会社よりご連絡

各査定会社より買取の査定結果をご連絡いたします。