日頃からのメンテナンスがポイント。
オプションは店によって査定に差が出ることも

クルマのどこが査定のポイント?

査定額を上げるために、できるだけのことをしておきたいものです。そのためには、査定士がどこをチェックしているかを知っておくことが大切です。相手はプロ、彼らのチェックポイントを知ることは、査定額を上げるためにも大切なことです。

査定の基本となるのは車種、グレード、年式、そして、走行距離。これはどの中古車市場でも査定のベースとなる部分です。加えてボディカラーやインテリアの色も、大きく査定価格を左右します。

クルマの状態も重要です。ボディや内装の傷やへこみ、整備手帳の内容、事故歴の有無など。これらはすぐにどうなるものではありませんが、傷やへこみは放置せずまめに補修しておくよう心がけましょう。

また車内で喫煙されていたか、禁煙にしていたかも査定価格に影響するケースもあります。気づきにくいものではペット臭も査定対象になります。

おおまかには以上のような項目について、各社が独自に定める査定チェックシートにもとづいて査定士がチェックします。クルマの匂いや汚れが気になる人は、査定前にネットなどでチェックしてみるといいでしょう。

オプションは付加価値か、減点対象か

ここで問題になってくるのがオプションです。オプションは査定でもっとも評価が分かれるポイント。メーカーオプションは問題ありません。新車の製造工場で装着されるオプションだからです。純正でなくても上質なカーナビやカーオーディオはプラス査定になることが多いようです。

一方、納車後にご自身で付けた社外品の場合は取り付け状態なども含めて評価が分かれるところです。どんなに高価な社外品であっても、取り付け方法や配線が雑な場合はマイナス査定になることもあります。

基本、メーカー純正品以外のエアロパーツ、アルミホイールなどはマイナス要因になることもありますが純正品をお持ちの場合はそちらも査定士に必ず伝えましょう。しかしチューニングカーベースのクルマで、人気のオプションを装着している場合、中古車ニーズも高くプラスに働くこともあります。こうした改造車は、その種の専門店で査定してもらうと、より高い査定額を提示してくれる可能性があります。

このように業者による査定額に格差があるために、複数査定が有効になってくるのです。

クルマを高く売るためには...

クルマを高く売るためには、可能な限り保管状況を良好にし、日頃のメンテナンスを怠らないことが大切。改造車は減点になるという話も聞きますが、人気のオプションならプラスに評価されることも多いです。オプションについて日頃から敏感にリサーチしておくといいですね。