車を査定に出すときは傷は直すべき!?あえて傷を直さないことで得するケースとは?

車体のキズは直すべきか、そのまま査定すべきか?

クルマに乗っている限り、キズやスレ、へこみは避けられないもの。気になる人はその都度直しますが、小さなキズをそのままにしている場合もあるかもしれません。さて、問題は査定前です。この小キズは査定にどう影響してくるのでしょうか? もちろん、直したほうがマイナス査定は少なくなりますが修理費がかかります。修理費を払っても査定額を上げるべきか? そのままの状態で査定すべきか? この判断はキズの程度にもよるので微妙なものとなります。

修理費は部位や程度によって雲泥の差があります。ちょっとしたへこみやキズなら数万円、外国車の場合やパール塗装、メタリック塗装など特殊なカラーリングの場合は修理費が10万円を超えることも珍しくありません。しかも放置していてサビが生じたキズなどは、別の作業も必要になりそれだけ費用もかさみます。

まず査定を受けてみる、という方法もある

けれども、あまり神経質になることもありません。

キズやへこみはオーナーにとって確かに気になる部分ですが、査定にやってくるプロは膨大な数のクルマを見ているので、いってみれば見慣れているのです。そのためキズだけで判断せす、総合的にクルマの評価を下します。

キズが気になっても迷っているくらいなら、まず一度査定に出してみてはいかがでしょう? 査定額を出してもらえば、自分の予想と比べることができます。その額に納得できれば売ってしまえばいいのです。査定額が気に入らなければ、修理してしばらく乗り続けることだってできます。

査定してみなければわからないことがたくさんあるので「査定してから判断する」という選択肢も持っていたいものです。

まとめ

キレイなクルマのほうが査定額がよくなるのは当然ですが、細かいキズをいちいちメンテナンスしていられない、という事情も分かります。キズや故障そのものより「愛車を大切にしている」という心証を勘定に入れて、ひとまず査定に出してみるのも方法ですね。