車を売るならベストのタイミングで

季節や、モデルチェンジのタイミング

中古車市場は年間を通じて比較的安定していますが、それでも売れる時期、売れ行きが落ちる時期があります。せっかくクルマを売るのなら、売りどきを狙うのがいちばん。若干でも高めに買い取ってもらえる可能性があるからです。

一般的にもっとも市場が動くのは、決算時期とボーナス時期。まとまったお金を動かしやすいことと、余裕があるため購買欲が高まっているというのがその理由です。ですからボーナス前、決算時期の前は売りどきということができます。

また、年度末(1月〜3月)にもクルマ市場が動きます。この時期に売れるのはコンパクトカーや軽自動車。新生活を前に免許を取得する人が多く、1台目として小型の中古車が売れるといのが理由のようです。

このほかにもシーズンによって売れる車種というものもあります。たとえば春はオープンカーが売れというデータがありますし、夏と冬にはワゴン車やオフロード車が売れます。理由はアウトドアや長距離ドライブに出かけたり、積雪などに対応できるクルマが必要だったりする季節だから。このように性格のはっきりしたクルマは売りどきもはっきりしているのです。

これらとは別に、クルマのモデルチェンジ前も売りどきです。モデルチェンジ後は乗り換えが多いので市場に旧型車があふれ、値段も下がります。値段が下がる直前のモデルチェンジ前も売りどきですが、モデルチェンジ情報が流れると買い控え傾向も高まるため、売るタイミングを見極めるのはなかなか難しいものです。

車検前も「売りどき」

車検前も売りどきです。というのも、車検を通したクルマは、車検費用がそのまま上乗せされるわけではありません。反対にもうすぐ車検だからといって、その費用を全額差し引かれることもないのです。車検が近づいたら、車検を取って乗り続けるかクルマを売るかを考えるいいタイミングかもしれません。

ベストな「売りどき」とは

ボーナス前や決算前、年度末などあまり考えなくても見計らえる売りどきのほか、モデルチェンジ前など、判断のために情報収集の必要なケースも。漠然と「そろそろ売ろうかなぁ」ではなく、日頃から市場動向を観察しておくといいですね。