契約後のキャンセルは可能か?

キャンセルはできるが、タイミングが限られる

買取店が車両を引き取り、オークションなどに流通させた後、あるいは次のユーザーに車を売却した後になると、実質的に車両を前のユーザーに返却することはできません。つまりキャンセルするのは不可能です。しかし、買取店に実害が生じないタイミングであれば、キャンセルすることも可能です。契約して車両を引き渡したとしても、移転登録などが行わずに保管されている状態であれば、キャンセルしても業者に実害が生じないためです。ですからユーザーがキャンセルを申し出れば、業者も対応する必要があります。

ここで重要なのは、愛車を売却する場合は、ユーザーが車を売る側で買うのが業者になることです。

例えば新車を購入する時、何らかの理由でメーカーの生産ラインが停止して、納車が不可能になったとします。この時、新車を売る側のディーラーは、納車が不可能になったり納期に遅れが生じることをユーザーに対して謝罪しますが、キャンセル料金を支払うことはありません。「売買契約は成立しなかった」として処理されるでしょう。

愛車を売る時も同じで、買取店に対する納車が不可能になっても、移転登録などに伴う実害が生じていないなら、キャンセル料金を支払う必要はありません。

キャンセル出来る期日を必ず確認

それでもユーザーとしては、契約時に「いつまでならキャンセルが可能なのか」という点については確認しておきましょう。車両を保管するためにはコストがかかり、即座に売却したりオークションに出品する業者が多いためです。「キャンセルが可能なのは車両の引き渡しの翌日まで」としている業者もあります。

また、キャンセルが生じるのを避けるためにも、売買の契約は慎重に行いましょう。査定を受けた時に即決するのは避けて、複数の業者に査定させ、その上で最も良い条件を提示した相手を選ぶようにします。そうすればキャンセルが生じる可能性を低く抑える事が出来ます。キャンセルは実害が生じなくても手間を要する結果になるので、なるべく避けるように心掛けましょう。