自動車税、自動車重量税などはどうなるの?

還付される税とされない税

原則としては、自動車税は車を売却する時に月割りで還付を受けることが可能です。自動車重量税に還付の制度はありませんが、自動車税については、愛車を売却した時に残存期間分を受け取ることができます。自動車重量税は受け取れません。

中古車を買う時には、逆のことがいえる。自動車税は翌年度までの期間に応じて支払います。新車を買う時も同様です。しかし自動車重量税は、前のオーナーが次の車検を受ける時まで納めているから支払う必要はありません。

この税金の処理については、買取店に確認しておく必要がある。自動車税の還付を受けられるのか、それとも査定額に還付される金額が含まれるかで、受け取れる金額が変わるからです。

自動車重量税も同様です。車を売るユーザーとしては、3年、あるいは2年分の税金をすでに納めているのですから、その分を上乗せして欲しいところです。納税された税額を含んだ上での査定額だとすれば、売却する車両本体の査定額は、納めた税額の残存期間分だけ下がることになってしまいます。

自動車税は要注意

さらに注意を要するのは、その年度の自動車税が、4月1日時点における所有者か使用者に対して通知されることです。

例えば3月下旬に愛車を売却して、買取店による移転登録が4月2日以降に行われたとします。新年度分の自動車税の納税通知は、4月1日時点で所有者だった前のユーザーに郵送されてしまいます。「なぜ売却した後で自動車税の通知が送られてくるの!?」という話になるわけです。仮に新年度の税金まで負担するとなれば、その分だけ査定額から差し引いて考えなければなりません。ですので愛車を売却する時は、税金の処理については必ず確認しておきましょう。

特に自動車税は排気量が2.5リッタークラスで年額4万5000円、3リッタークラスになると5万1000円と高額なため、前のオーナーに納税通知が送付されてトラブルに発展することも多いようです。放置しておくと利息まで徴収されて損失を被る危険もあります。制度的には4月1日時点での所有者に納税義務が生じますから、売却時には自動車税の取り扱いを必ず確認して置くようにしましょう。