事故車や動かない車は売れる?

事故車や動かない車は売れる事が多い

売買の基本は、普通に使ってきた愛車でも、事故車や動かなくなった不動車でも変わりはありません。その車両に流通価値があれば車の売却が可能で、なければ廃棄に伴うコスト負担が生じるだけです。事故車といっても状態はさまざまです。新車として購入してから1年程度の高価格車であれば、流通価値が残っていることが多いようです。フレーム修正を含めた修理を行い、「事故歴あり」となっても中古車として販売できます。車検が切れている低年式の不動車も同様です。クルマ好きの間で人気の高いスポーツカーなどは、修理を行って車検を新たに取得することにより、流通価値が生じる可能性が高いです。

中古車は海外にも輸出されています。日本国内で買い手の付かない古い不人気車でも、海外に受け入れる市場があれば、流通価値が生じます。輸出するなら日本で車検を取る必要はなく、不動車の状態でも売買の対象になり得ます。このように一般のユーザーが価値を見い出さない車両でも、価値が伴っていることは多いです。

事故車や動かない車を売る場合の注意点

事故車や不動車で注意したいのは、廃車にするなら抹消登録、輸出するなら輸出抹消登録の手続きが行われているかを確認することです。手続きをせずに放置していると、車両が使われているとみなされ、自動車税の納税通知などが送られてきますので抹消登録は確実に行いたいところです。業者に委託した時は、確認を取ることが大切です。また、廃車にした時は、自動車税に加えて重量税や自賠責保険料も還付の対象になります。税金や保険の残存期間に応じて、払い戻しが受けられます。そして愛車が輸出される時には、国内で解体作業をしないので、預託されているリサイクル料金の返還も可能です。事故車や不動車を修理して使う時は、一般の車を売る手続きと同じですが、廃車にする時には抹消登録の確認と還付金に注意します。

いずれにしろ、諦めずに査定を受けてみることが大切です。仮に廃車の手数料を取られても、還付金で埋め合わせができる場合があります。