ローンが残っている車も売れる?

ローン残債分を売却価格で返済

ローンでクルマを買う時、クルマ自体を担保にしクルマの所有者(名義)をローン会社にすることがあります(所有権)。この場合言い換えると、ローン完済前のクルマはローン会社のものともいえます。ではローンの支払いが済んでいないクルマを売ることはできないのでしょうか? 実はそれが可能なのです。

たとえば200万円のローンがあり、半分の100万円を支払い済だったとします。そのクルマを150万円で売ると、ローン会社に残債分の100万円を返済し、自分の手元に50万円残すことが可能なのです。

買取業者はローン完済にならないとクルマを買い取ることができないので、こうした便宜は積極的にはかってくれます。

この場合、買取業者、ローン会社などがクルマに対して持っている所有権留保を解除する手続きが必要で、手数料が必要なこともあるので、ローンが残っていても諦めずに買取業者に相談してみましょう。

残価設定型ローンの場合はどうなる?

最近多いのが「残価設定型ローン」です。これは契約する時に3年後、5年後の残価(下取査定額)を設定し、その額を差し引いた価格でローンを組むというものです。下取りを前提としているので、ローンが満了してもクルマは自分のものにはなりません。しかし月々の返済額が小さくなるので、気軽にクルマを買うことができます。ただ、ローンの金利は残価を引く前の価格に対してかかるので注意を。

こうした残価設定型ローンのクルマも売ることができます。ローンの残債と残価が同じくらいになった時に、残価よりも高く売ることができれば、いくらか手元に残すこともできるでしょう。

この場合も所有権保留解除の手続きが必要となります。手数料や手続き費用についても確認を。

ローンが残っていても売却は可能!

ローンが残っているクルマももちろん売ることができます。売る際にはローンを完済する必要があるので、できれば売却価格でローンの残額を相殺できるよう、買取業者に相談してみましょう。