過走行でも高く売れる!ワンボックスカーの査定額を上げる方法

低い査定額となってしまいがちなワンボックスカー

ファミリーカーの定番として、すっかり定着したワンボックスカー。家族が多い方やアウトドアが趣味の方は、こういった車を選ぶ傾向がありますが、いざ査定に出すと、査定額が低いというケースも多くなっています。しかし、「ある方法」によって、査定額を高くできることはご存知でしょうか?

今回は、ワンボックスカーの査定額を上げる方法をご紹介します。

なぜ、ワンボックスカーは査定額が低いのでしょう?

現在、実用性の高さからワンボックスカーは幅広い層に愛されていますが、中古車市場でも同様に多く出回っています。業者側もたくさんの在庫を抱えているため、査定に出したとしても、金額が低くなってしまうわけです。

また、多くの方が乗り換えを考える際、ディーラーに下取りしてもらうと思いますが、マツダの車をホンダのディーラーで査定してもらっても、高額になることは期待できません。そのため、その車の価値が分かる業者に見てもらうことが重要と言えます。

高額査定をしてもらうために必要なポイント

ディーラーに見てもらうのもいいのですが、査定額を上げるには「ワンボックスカー専門」の業者に依頼することです。

近年ブームとなっているワンボックスカーは、セレナやアルファードなど種類もさまざまで、同じ車種でも、状態によって査定額は大きく変わってきます。しかし、専門業者では過走行車であっても売却ルートを確保しているため、ほかの業者よりも査定額が高いケースが多いのです。

ただし、必ずしも高額となるわけではないので注意が必要です。すでにたくさんの在庫を抱えている車種の場合、安くなってしまう可能性もあるのです。

そこで、インターネットの一括査定に出してみるのもお勧めです。仕入れたいという意欲が強ければ強いほど、より高額での査定が期待できます。いくつかの業者に査定してもらうことで、その意欲の強さを判断できるのです。

業者に出すときにはタイミングも重要!

査定額は日々下落すると考えて、急いで売ってしまうという方も多いようですが、手放すのには時期も重要です。

特に、ボーナスの入る夏や冬、新年度が始まる4月は、車の買い替えを検討する人も増えるので、業者も多くの在庫を必要としています。そのため、それより少し前の時期を狙って査定に出すと、高額で買い取ってもらえる可能性も高くなります。

価値を理解してくれる業者を探すこと

価値が低く見られてしまいがちなワンボックスカーですが、きちんと理解してくれる業者に査定してもらえば、高額になることもあります。そのためには、一度であきらめることなく、根気強く探すことも大切です。