外車乗り必見!輸入車を査定に出す時に利用すべきお店とは?

日本における、輸入車市場はどれくらい?

2013年は日本の自動車業界にとって特別な年でした。それは、日本カーオブザイヤーに輸入車のフォルクスワーゲン・ゴルフが選ばれたからです。輸入車のカーオブザイヤー受賞は、1980年に始まった同賞で初めての出来事です。また、消費増税前の駆け込み需要で、輸入車の販売台数は前年度対比22.9%を記録しました(日本自動車輸入組合調べ)。しかし、それでも輸入車の新車販売比率は8.6%しかありません。

数字をざっくりと把握してみましょう。

1980年代以降、日本国内における輸入車の新車販売比率は5%から7%の間で推移してきました。それは、中古車の流通量の比率と同じと考えることができます。また、その内の約60%がフォルクスワーゲン、メルセデスベンツ、BWM、アウディのドイツ車で占められているのです。つまり、日本の輸入車マーケットは、新車販売も中古車流通もニッチ市場なのです。
ニッチ市場とは、市場全体の一部を構成する特定の需要や顧客層を持つ規模の小さな市場のことです。つまり、輸入車ユーザーが中古車の査定を検討する際にはニッチ市場ならではの戦略を持って臨む必要があります。もしそれを怠ると、どういう結果がもたらされるのでしょうか。

中古車買取業者の気持ちになってみよう

中古車の査定における既存の手法とは、そのクルマを購入したディーラー、あるいは家の近所の中古車販売店に査定見積もりを依頼する、ということです。ミニバンやエコカーというメインストリーム市場のクルマならばこうした既存の手法は有効かもしれませんが、輸入車はわずか5%のニッチ商品です。通常の中古車買取業者は日本車を得意分野としていることが多く、輸入車のノウハウは一般に持ちあわせておりません。
中古車買取業者は、お客さんから車を買い取った後、中古車オークションで販売するケースが多いです。ですが、ニッチ商品である輸入車は、オークションでも売れにくい傾向があります。つまり、中古車買取業者からすると、お客さんから車を買った後の、売り先を見つけるノウハウを持っていないため、このリスクが査定額に反映されてしまって、低くなる傾向があります。

そんな時は輸入車専門店!

輸入車専門店なら、輸入車に対する知識やノウハウを持ち合わせているために、正当な査定をすることができます。そして何より、輸入車専門店は売り方を知っているという点が、日本車をメインに扱う中古車販売店との大きな違いです。
専門店であるため、輸入車を欲しがっている顧客も集まり、オークションを通さずに商品を売ることができるうえ、もともとニッチ商品であるため、顧客が「市場に輸入車の中古が出てくるのを待っている状態」となるケースも多いです。そのため、輸入車専門店は、売り先が決まっている状態で査定をするケースも多くなり、その自信が査定額に反映されて、高くなる傾向があります。

輸入車の査定こそパートナー選びが重要!

輸入車の中古車査定の、成功の鍵はなんと言ってもパートナーとなる輸入車専門店を探せるかどうかです。しかし、ニッチ市場のビジネスと同様に、中古車査定のために最適なパートナーを選択することはとても困難です。パートナー選びがいかに大切だとわかっていても、地理的にも時間的にも制約のあるユーザーにとってそれは大きな負担となるでしょう。しかし、インターネットの一括査定サービスを使えば、この問題を解決することができます。一括査定サービスであれば、各店舗に足を運ばずとも、「市場に輸入車の中古が出てくるのを待っている状態」の顧客情報を持っているパートナーと巡り会うことができるかもしれません。