ファミリーカーこそネット一括査定が有利!?希少車と大衆車の売り方の違いを見てみよう

高額査定を狙うには、ポイントがあります

何年も一緒に生活を共にしてきた愛車は、家族の一員も同様。売却する時は少しでも高く買い取ってくれる、そして車を大切に扱ってくれるところに任せたいものです。しかし、そんな気持ちとは裏腹に、いざ自分の車を査定に出すと、ガッカリするほど低い金額の場合も少なくありません。

これは、販売台数の少ない希少車でも同じことが言えます。特に人気のあまりないファミリーカー(大衆車)の場合、自分が予想をしていた価格を大幅に下回るというケースがほとんどです。しかし、こういった希少車やファミリーカーも、ある方法を実行することで「思わぬ高額査定」になる場合があるのです。

今回は、その方法をご紹介します。

希少車を売るには専門業者が良い

希少車は通常の中古車買取業者に査定を出すよりも、「希少車専門の業者」に査定を出すことで、買取価格が大幅に向上する場合があります。実は一般的な中古車買取業者の場合、査定する車がとても希少な車であったとしても、金額が上乗せされるというケースはほとんどないのです。希少車としての価値を見出してくれるのは、その車に特化した「専門業者」だけなのです。

希少価値の分からない査定士に見てもらうと、最悪の場合「珍車」として扱われ、価格が大幅にダウンするケースも少なくありません。そういったことを防ぐためにも、愛車の希少性がわかる中古車買取業者を選択する必要があります。特に希少価値の高いスポーツカーやSUVなどは専門業者が多く、過走行車であっても部品取りによる高額査定が期待できます。

しかし、希少車だからといって必ず価格が上がるとは限りません。希少車の中には、人気がないために生産を中止した車も含まれているからです。そういった人気のない希少車の場合は、専門業者でも高額査定は難しいので、個人でオークションなどを利用するといいでしょう。

ファミリーカーはなぜ買取価格が安いのか?

まず、ファミリーカーとは「ファミリーニーズに合った低価格帯の車」を指します。単にファミリーカーといっても、ワンボックス、コンパクトカーやステーションワゴン、セダン、ハイブリットカーなど、多くの車種があり、メーカーによって形も人気もさまざま。ニーズや流行によって車の人気は変わりますが、なかでも時代に最も影響されやすいのがファミリーカーなのです。

多くの方は「人気のあったファミリーカーだから、買取査定も高額になるだろう!」というイメージを持ちますが、残念ながら一概にそうとは言えません。

人気があったというのは、裏を返せば市場に多く出回っているということです。ブームが去った後は多くの人が車を売却するため、大幅な値崩れを起こすケースがあり、注意が必要です。

ファミリーカーは、一括査定で価格が上がる可能性があります

では、人気の去ったファミリーカーを売却する場合は、泣き寝入りをしなければいけないのでしょうか? いいえ、そんなことはありません。実は、そのようなファミリーカーでも、高額査定を狙う方法があります。それが、インターネットでできる「一括査定」です。

一括査定とはその名の通り、「一括」で多くの中古車買取業者へ「査定依頼」を行えるサービスのこと。一昔前では、近くの中古車買取業者をハシゴしながら愛車の査定をしましたが、今ではインターネットで簡単に査定ができます。

一回の査定で数社〜数十社へのアプローチができるだけではなく、買取業者の間で価格競争が起きることで、買取価格が高くなる傾向があります。また、ファミリーカーは車種ごとの専門業者がいるため、一括査定をすることで自分の納得ができる業者と巡り会う可能性も格段に上がると言えます。

売り方次第で愛車を高く売るチャンスをつかもう

いかがだったでしょうか? このように売り方を少し変えるだけで、自分の愛車を高く売るチャンスをつかむことができるのです。もちろん、車種や年式によって差は出てきますが、近くの中古車買取業者やディーラーで売却をするよりは、高額査定のチャンスは広がるかと思います。

少しでも自分の愛車を高く売れるように、今回ご紹介した内容を参考にチャレンジしてみてください。