アルファロメオなのに驚くほど低い査定!イタリア車の悲しい現実

意外にも査定額が低くなってしまうアルファロメオ

誰もが憧れるイタリア車。真っ赤なボディやラグジュアリーさから大変人気の高級車ですが、意外にも査定額は低くなりがちです。なかでも、普段使いしやすいアルファロメオは日本でも人気の車種ですが、実際査定に出してみると驚くほど低い額になったという方もいます。それでは、アルファロメオを高く買い取ってもらうには、どうすればいいのでしょうか?

アルファロメオが低く査定される理由とは……?

アルファロメオの査定額を下げてしまう理由のひとつは、故障の多さにあります。特に、ATやセレスピードの故障は多く、買い取った後で修理箇所がたくさん見つかったというケースもあります。国産車でも、長く乗れば故障は増えるわけですが、アルファロメオでは修理が必要となるほどの故障が多いのです。

また、ゴムや樹脂パーツが溶けやすいのも、査定額を下げる理由です。年式の古いアルファロメオの場合、愛用していくうちに、エアコン吹き出し口のパーツが溶けてしまった、太陽光で塗料が溶けて、ダッシュボードがベトベトになってしまったという方も少なくありません。

そして、いざ修理に出そうとするとディーラーが少ない、純正パーツが高いといったことに悩まされるのもしばしば……。

こういったデメリットから低く査定されることが多く、なかなか手放すタイミングがつかめないという方も多くいます。

それでも乗りたい! アルファロメオの魅力

しかし、中古のアルファロメオに人気がないかといえば、そうではなく、イタリア車だからこその魅力もたくさんあります。

特に、存在感の強いスタイリングや優雅で上品なインテリアは、アルファロメオならではといえる特徴です。そういった部分に憧れて「アルファロメオに乗りたい!」という方は多くいます。なかでもジュリエッタやミトは、シンプルながらも美しいデザインやコンパクトさ、そして足回りの良さなどから大変人気があり、需要の絶えない車種といえます。新車を買うとなると高額になるため、中古車の需要が衰えることはないのです。

アルファロメオを上手に売るコツとは?

手間のかかる点も多いアルファロメオですが、上手に売るコツはあります。

まず、修理歴・事故歴の有無、そして走行距離の少なさなどをきちんと説明すること。古いアルファロメオの場合は故障もかなり多いのですが、フィアット傘下に入ってからはトラブルも減っています。トラブルが少なかったという点をきちんと説明すれば、高評価を得ることも可能です。

また、査定を行うときには、外国車専門の買取業者やアルファロメオ専門業者に頼むのが一番のポイントです。国産車ディーラーの場合は、買い取った後のメンテナンスや買い手探しなど、何かとリスクが高いため、査定額が低くなってしまいます。それに対して、外国車やアルファロメオを専門に扱う業者であれば、より理想に近い価格で引き取ってくれることでしょう。

魅力をきちんと理解してくれるところで見てもらおう

整備に手間のかかるように思えるアルファロメオですが、近年は目立ったトラブルも少なくなっており、魅力もたくさんある車です。しかし、その魅力をきちんと理解してくれるところで見てもらうのが一番。インターネットの一括査定サービスを使えば、一度に複数社へ見積もり依頼を出すことが可能なので、魅力を理解してくれる業者と出会う確率も高くなり、納得のいく価格での査定も期待できるでしょう。