車買取・中古車査定

最大30社の見積もりを比較して最高額で売れる ※画像はイメージです

見積もり無料、入力はたった3分!
一括査定依頼スタート

※下記、「中古車査定サービスに関する注意点」をご確認の上、ご利用ください。

最大30社の見積もりを比較して最高額で売れる

3分で終わるカンタン入力 一括査定依頼スタート!

※「中古車査定サービスの依頼に関する注意点」をご確認の上、ご利用ください。

※画像はイメージです

価格.com車買取・中古車査定の3大ポイント

  • 査定額を比較して最高額で売却!

    最短即日で実車査定。すぐに査定結果がわかる!

  • 最大30社の中古車買取業者!

    複数社からの見積もりで一番高い買取店が選べる!

  • 入力はたったの3分で完了!

    カンタン申し込みで一括査定依頼ができる!

サービスの流れ

  • 1

    複数の中古車買取業者に査定を依頼

    「一括査定依頼スタート」のボタンをタップしてカーセンサー.netのページへ移動し、お客様の情報を入力して査定の申込をしてください(最大で30社まで可能)。

  • 2

    各社から買取価格の見積もりが届く

    査定を申し込んだ買取店各社から電話やメールで連絡があり、買取価格の見積もりが届きます。

  • 3

    査定額を比較して売却先を決定する

    届いた見積もりの内容・価格を比較して、売却先を決定します。

人気・注目の車買取ランキング

  • トヨタ アルファード

    トヨタ

    アルファード

  • ホンダ N-BOX

    ホンダ

    N-BOX

  • トヨタ ハリアー

    トヨタ

    ハリアー

  • ホンダ ヴェゼル

    ホンダ

    ヴェゼル

  • トヨタ プリウス

    トヨタ

    プリウス

  • ホンダ N-BOX

    ホンダ

    N-BOX

  • スズキ ジムニー

    スズキ

    ジムニー

  • スズキ ハスラー

    スズキ

    ハスラー

  • ホンダ S660

    ホンダ

    S660

  • ホンダ N-BOX カスタム

    ホンダ

    N-BOX カスタム

  • トヨタ アクア

    トヨタ

    アクア

  • ホンダ フィット

    ホンダ

    フィット

  • 日産 ノート

    日産

    ノート

  • ミニ MINI COOPER (クーパー)

    ミニ

    MINI COOPER (クーパー)

  • スズキ スイフトスポーツ

    スズキ

    スイフトスポーツ

  • トヨタ アルファード

    トヨタ

    アルファード

  • 日産 セレナ

    日産

    セレナ

  • トヨタ ヴェルファイア

    トヨタ

    ヴェルファイア

  • トヨタ ヴォクシー

    トヨタ

    ヴォクシー

  • トヨタ プリウスα

    トヨタ

    プリウスα

  • スバル レヴォーグ

    スバル

    レヴォーグ

  • トヨタ カローラ フィールダー

    トヨタ

    カローラ フィールダー

  • スバル レガシィ ツーリングワゴン

    スバル

    レガシィ ツーリングワゴン

  • トヨタ カローラ ツーリング

    トヨタ

    カローラ ツーリング

  • BMW 3シリーズ ツーリング

    BMW

    3シリーズ ツーリング

  • トヨタ プリウス

    トヨタ

    プリウス

  • トヨタ クラウン アスリート

    トヨタ

    クラウン アスリート

  • トヨタ マークX

    トヨタ

    マークX

  • 日産 スカイライン

    日産

    スカイライン

  • BMW 3シリーズ セダン

    BMW

    3シリーズ セダン

  • 日産 フェアレディZ

    日産

    フェアレディZ

  • ポルシェ 911カレラ

    ポルシェ

    911カレラ

  • 日産 GT-R

    日産

    GT-R

  • ポルシェ 718 ケイマン

    ポルシェ

    718 ケイマン

  • スバル BRZ

    スバル

    BRZ

  • マツダ ロードスター

    マツダ

    ロードスター

  • マツダ ロードスター RF

    マツダ

    ロードスター RF

  • BMW Z4モデル

    BMW

    Z4モデル

  • ホンダ S2000

    ホンダ

    S2000

  • ポルシェ 718 ボクスター

    ポルシェ

    718 ボクスター

  • トヨタ ハリアー

    トヨタ

    ハリアー

  • ホンダ ヴェゼル

    ホンダ

    ヴェゼル

  • マツダ CX-5

    マツダ

    CX-5

  • トヨタ ランドクルーザー プラド

    トヨタ

    ランドクルーザー プラド

  • スバル フォレスター

    スバル

    フォレスター

  • トヨタ プリウス

    トヨタ

    プリウス

  • トヨタ アクア

    トヨタ

    アクア

  • スバル フォレスター

    スバル

    フォレスター

  • トヨタ プリウスα

    トヨタ

    プリウスα

  • トヨタ RAV4

    トヨタ

    RAV4

  • 日産 リーフ

    日産

    リーフ

  • 日産 ノート e-POWER

    日産

    ノート e-POWER

  • 日産 セレナ e-POWER

    日産

    セレナ e-POWER

  • テスラ モデル3

    テスラ

    モデル3

  • テスラ モデルS

    テスラ

    モデルS

集計期間:2021年5月1日〜2021年5月31日

中古車査定を学ぼう!

愛車を高く売るためのコツは?

「少しでも車を高く売りたい。」そう考える方は多いでしょう。それでは査定額を高くするにはどのようにすればよいのでしょうか。少しでも見積もりの金額を上げるために、今からでもできることをみていきましょう。

車の査定額に影響するポイント

大切な自動車を少しでも高く売却するには「車の買取査定額が高くなりそうなポイント」を1つでも多く見つけてしっかりと伝えることが大切です。査定の際にその場でアピールするのは難しいと思いますので、事前にポイントをまとめておくとよいでしょう。その際、間違った情報や嘘の情報を伝えてはいけません。自分の印象に頼るのではなく、用意できるのであればきちんとそのポイントを証明する書類も準備しておくのが望ましいです。

必要書類用意し、査定時にプラスとなりうる情報を整理する

まずは事前準備として業者が査定、見積もりを円滑に行えるよう必要書類を準備します。また自分の車を売った際に高額査定につながりそうな情報を書き出しておきましょう。たとえばメーカーオプションは製造時に取り付けられ、追加ができません。そのため、取り付けられた車の買取価格の相場は高くなる傾向があります。メーカーオプションは、たとえばサンルーフ、レザーシート、電動スライドドアや安全装備などが挙げられます。とくに視認しにくい場所に取り付けられた装備は査定士でも気付きにくいため、チェックをしておいてしっかりと伝えましょう。

車のメンテナンスや手入れをきちんと行っている場合、作業履歴がわかる書類があれば用意しておきます。メンテナンスプログラムに入っている自動車であれば、定期点検記録簿に記録が残っているでしょう。ボディコーティングを定期的に受けてきた車も同様です。こうした日々のメンテナンスはどれだけ伝えても査定額が下がることはありません。できるだけ準備をしておきましょう。

また、車の基本情報を正しく伝える必要もあります。基本情報とは車種やグレード、年式、ボディカラー、排気量、ミッション形式、走行距離などの情報です。基本情報は1か所違うだけでも査定額が大きく変わってしまう可能性があります。間違いのないように把握しておきましょう。

修復歴は事実を伝えよう

「修復歴」とはフレーム、ピラー(柱)、ループパネル、フロントクロスメンバーなど、ボディの骨格や基礎部分を損傷または修理した履歴のことです。大きな修理はその後の走行性能や乗り心地に影響を与えるため、売却時の価値を下げてしまいます。デメリットではありますが、修復したかどうかは査定士が車をチェックすればすぐにわかります。あとからトラブルになるのを避けるためにも、正直に事実を伝えましょう。

車をきれいにし、臭いも消そう

車の外見、車内などをきれいにしておくことで車の査定額が上がることもあります。とくに査定士が確認するところは重点的にきれいにしておきましょう。その際は単に洗車をして見た目をきれいにするだけでなく、車内の臭いまで取り除いておくことも大切です。車をきれいに保っていれば、メンテナンスがきちんとされているという評価にもつながります。

たとえば車の外見の場合、査定士はタイヤやホイールの状態も確認しています。タイヤに付いた泥やアルミホイールに付着したブレーキカーボンなどは除去しましょう。ドアのヒンジなど可動部についた潤滑油の汚れや開口部のゴムパッキンの汚れも同様に落とします。

また、車内のシートやフロアマット、トランクルームもきれいにしておきましょう。タバコ臭やカビ臭が残っている場合は徹底的に消臭しましょう。芳香剤の匂いも取り除いたほうがよいです。除菌スプレーで匂いの元を除去し、消臭剤で脱臭します。ディスカウントストアなどで売られているバーベキュー用の炭も脱臭効果が高いことで知られていますので、消臭剤の代わりに使用してもかまいません。箱に入ったまま1週間ほど車内に置くだけで、臭いをかなり消すことができます。

見積もり無料、入力はたった3分 一括査定依頼スタート

買取業者の種類と特徴は?

中古車の買取業者は大きく分けて、買い取りを専門に行う「車買取専門店」、買い取りから販売まで一貫して手がける「中古車専門販売店」、新車販売時に中古車の下取りをする「新車ディーラー」の3つがあります。それぞれ特徴や得意分野が異なるため、車を売却する時には、見積もり金額だけで比較するのではなく、それぞれの特徴を把握して検討することが大切です。各買取業者の概要を紹介します。

車買取専門店

買い取りを専門に行います。買い取った車の販売先は主に中古車オークションです。中古車オークションでは季節によって価格が変動したり、特定の車種が突然人気になったりすることがあるため、車買取専門店は市場のニーズや相場に精通しています。国内外問わず買い手がいて、長期間在庫を抱えないため管理コストも抑えられます。そのような理由で、車買取専門店の査定金額はほかの業者よりも高くなる傾向があります。また、なかには事故車や不動車を専門的に扱っている買取業者もいます。ほかの業者では値が付かないような、廃車覚悟だった車でも思いもよらない買取金額で売れることがあります。

中古車専門販売店

買い取りから販売までを一貫して手がけます。そのため中古車専門販売店は車の売れ行きにとても敏感です。買い取った車は、整備後その店舗や系列の店舗で販売されるか、中古車オークションで販売されます。中古車専門販売店はそれぞれの業者で得意とするモデルやタイプあるため、人気車種だけでなく、その業者が得意とする自動車であれば、高額の見積もりを提示されることがあります。あらかじめ得意とする車種やタイプをチェックしておいて、自分の車を高く買い取ってくれそうな業者を選ぶのもよいでしょう。

新車ディーラー

新車販売業者が新車の販売時に、今乗っている車を下取りしてくれます。下取り価格は新しい車の購入資金に充てられます。新車価格を下げられない時に販売促進のため、下取りの査定価格を上乗せしてくれる場合もあります。新車を購入する予定のある人は、新車ディーラーに下取りをしてもらうのもよいでしょう。下取りは乗り換え時の購入と売却の手間を抑えられるメリットもあります。

買取と下取りの違いは?

前述の通り、「買取」と「下取り」では性質が大きく異なります。買取専門店や中古車専門販売店の「買取」は中古車オークションなどでの販売のために行われるのに対し、「下取り」は新車を売るために行われます。買取と下取りの違いについての詳細は「買取と下取りについて」をご参照ください。

それぞれの業者の特徴を理解して希望にあった売却を

一般に買取価格が高いとされているのは車買取専門店です。もっとも中古車専門販売店や新車ディーラーと車買取専門店を一概に比較することはできません。以前は査定の価格差も明らかでしたが、最近では車の下取り台数が減少傾向となっているため、どの業者も価格変動には敏感です。車の売却は、複数の業者で見積もりを取ってから行うようにしましょう。ネットで中古車の無料一括査定サービスなどを利用するのもよいでしょう。

車査定の買取価格の相場はどのように決められる?

中古車査定の相場は「車種」「グレード」「装備」「年式」「現行モデルか過去のモデルか」といった基本要素に加え、車体ごとに異なる「走行距離」「車検の残存期間」「ダメージや修復歴の有無」などの個別要素と「需要期・閑散期」といった自動車市場を取り巻く外的要因で決まります。それぞれについては以下をご覧ください。

車のモデルやボディタイプなどの基本要素

基本要素は自動車のモデルやボディタイプなど、その車が持つ固有の情報です。そのなかでも「車種」「グレード」「装備」は新車価格の高い車が中古車査定相場も高くなる傾向にあります。ほかにも「ボディカラー」などは中古車市場での人気度も関わってきます。たとえばボディカラーでは黒・白・銀などが人気で、買取価格も高値となることが多いです。

また「現行モデルか過去のモデルか」も重要なポイントです。同じ年式だった場合でも、フルモデルチェンジ前の過去のモデルとフルモデルチェンジ後の現行モデルでは買取価格が変わってきます。それはフルモデルチェンジ前後で見た目や機能などが大きく異なるため、現行モデルに人気が集まって買い取り相場も高くなるからです。ただ新車市場で人気があって比較的値段が高い車種は、中古車で少しでも安く購入したいという人もいるため、過去のモデルでも買い取り相場がそれほど変動しない場合もあります。

車の状態や使用状況などの個別要素

個別要素は車の状態、使用状況によって変化する、その車自体の情報です。たとえば「走行距離」は1年に1万kmが平均的な目安となっており、それを超える場合は買い取り相場が低くなる傾向にあります。そのため同じ基本要素の車種だった場合でも、走行距離が少ない車のほうが買取の相場も高くなります。

ランニングコストの観点から「車検の残存期間」も相場に影響します。車検が残っていればそのまま次の買い手が使えるため、残存期間が長いほど査定額が高くなります。また「ダメージや修復歴の有無」も大事なポイントです。買い取り相場を下げる要因の1つとなるため、なるべく車体はきれいな状態にしておきましょう。修復歴がある場合はトラブルを避けるためにも隠さず告知をしましょう。

中古車市場の状況などの外的要因

外的要因は需要期・閑散期などによって変化する中古車市場の状況になります。中古車市場は年間を通じて安定していますが、その中でも売れる時期、あまり売れない時期はあります。少しでも高く買い取ってもらうならば市場の動向や相場を見極めることが重要です。

一般的にもっとも市場が動くのは、決算時期とボーナス時期です。とくにクルマ市場は3月が一番の繁忙期で動きが活発になります。就職・引っ越しなどにあわせて自動車を買い換えようとする人が多くなり、販売促進のために価格を下げる中古車販売店も増えてきます。そのため、大きく中古車市場が動き出す前の2月ごろが売り時といえるでしょう。

車を売却する時に必要な書類は?

車を売却する際に必要な書類などを事前に用意しておくことで、トラブルなく円滑に車の買取手続きを行えます。主に必要になるものは「実印」「印鑑証明書」「自動車検査証(車検証)」「自動車税納税証明書」「自賠責保険証」「リサイクル券」になります。詳細については「車を売却する時に必要な書類」をご参照ください。

見積もり無料、入力はたった3分 一括査定依頼スタート

車買取・中古車査定お役立ちガイド

中古車査定の基本 お得に売却する方法 中古車査定のよくある疑問 中古車査定お役立ちコラム

車買取・中古車査定お役立ちガイド

  • 中古車査定の基本
    中古車査定の基本

    車の売却や、新車・中古車購入時に下取りで売ろうと思ったときは中古車一括査定を利用してより多くの業者で査定をしてもらいましょう。買取と下取りの違い、出張査定や車を売る時に必要な書類等、中古車査定の基本をご紹介。

  • お得に売却する方法
    お得に売却する方法

    「査定の前に傷は直すべきか?」「高く売るポイントは?」「一括査定と買取どっちがお得?」などなど、高額査定を引き出すポイントをご紹介します。自分で簡単にできる事で、車の買取査定額がアップする可能性が高まります。

  • 中古車査定のよくある疑問
    中古車査定のよくある疑問

    「ローンが残っている車でも売れる?」「車検切れの車の売却方法は?」「売却時の税金ってどうなるの?」「契約後のキャンセルは可能か?」車を売却する際には不安な事が沢山あります。売却時のよくある疑問をご紹介。

  • 中古車査定お役立ちコラム
    中古車査定お役立ちコラム

    車種や年式などによって売却価格に差は出るのでしょうか?希少車をはじめとして、売却価格が高くなる傾向のある車種などの情報をお届けします。あなたの車も中古車一括査定で売却価格を調べてみてはいかがでしょうか?

中古車査定を学ぼう!

愛車を高く売るためのコツは?

「少しでも車を高く売りたい。」そう考える方は多いでしょう。それでは査定額を高くするにはどのようにすればよいのでしょうか。少しでも見積もりの金額を上げるために、今からでもできることをみていきましょう。

車の査定額に影響するポイント

大切な自動車を少しでも高く売却するには「車の買取査定額が高くなりそうなポイント」を1つでも多く見つけてしっかりと伝えることが大切です。査定の際にその場でアピールするのは難しいと思いますので、事前にポイントをまとめておくとよいでしょう。その際、間違った情報や嘘の情報を伝えてはいけません。自分の印象に頼るのではなく、用意できるのであればきちんとそのポイントを証明する書類も準備しておくのが望ましいです。

必要書類用意し、査定時にプラスとなりうる情報を整理する

まずは事前準備として業者が査定、見積もりを円滑に行えるよう必要書類を準備します。また自分の車を売った際に高額査定につながりそうな情報を書き出しておきましょう。たとえばメーカーオプションは製造時に取り付けられ、追加ができません。そのため、取り付けられた車の買取価格の相場は高くなる傾向があります。メーカーオプションは、たとえばサンルーフ、レザーシート、電動スライドドアや安全装備などが挙げられます。とくに視認しにくい場所に取り付けられた装備は査定士でも気付きにくいため、チェックをしておいてしっかりと伝えましょう。

車のメンテナンスや手入れをきちんと行っている場合、作業履歴がわかる書類があれば用意しておきます。メンテナンスプログラムに入っている自動車であれば、定期点検記録簿に記録が残っているでしょう。ボディコーティングを定期的に受けてきた車も同様です。こうした日々のメンテナンスはどれだけ伝えても査定額が下がることはありません。できるだけ準備をしておきましょう。

また、車の基本情報を正しく伝える必要もあります。基本情報とは車種やグレード、年式、ボディカラー、排気量、ミッション形式、走行距離などの情報です。基本情報は1か所違うだけでも査定額が大きく変わってしまう可能性があります。間違いのないように把握しておきましょう。

修復歴は事実を伝えよう

「修復歴」とはフレーム、ピラー(柱)、ループパネル、フロントクロスメンバーなど、ボディの骨格や基礎部分を損傷または修理した履歴のことです。大きな修理はその後の走行性能や乗り心地に影響を与えるため、売却時の価値を下げてしまいます。デメリットではありますが、修復したかどうかは査定士が車をチェックすればすぐにわかります。あとからトラブルになるのを避けるためにも、正直に事実を伝えましょう。

車をきれいにし、臭いも消そう

車の外見、車内などをきれいにしておくことで車の査定額が上がることもあります。とくに査定士が確認するところは重点的にきれいにしておきましょう。その際は単に洗車をして見た目をきれいにするだけでなく、車内の臭いまで取り除いておくことも大切です。車をきれいに保っていれば、メンテナンスがきちんとされているという評価にもつながります。

たとえば車の外見の場合、査定士はタイヤやホイールの状態も確認しています。タイヤに付いた泥やアルミホイールに付着したブレーキカーボンなどは除去しましょう。ドアのヒンジなど可動部についた潤滑油の汚れや開口部のゴムパッキンの汚れも同様に落とします。

また、車内のシートやフロアマット、トランクルームもきれいにしておきましょう。タバコ臭やカビ臭が残っている場合は徹底的に消臭しましょう。芳香剤の匂いも取り除いたほうがよいです。除菌スプレーで匂いの元を除去し、消臭剤で脱臭します。ディスカウントストアなどで売られているバーベキュー用の炭も脱臭効果が高いことで知られていますので、消臭剤の代わりに使用してもかまいません。箱に入ったまま1週間ほど車内に置くだけで、臭いをかなり消すことができます。

買取業者の種類と特徴は?

中古車の買取業者は大きく分けて、買い取りを専門に行う「車買取専門店」、買い取りから販売まで一貫して手がける「中古車専門販売店」、新車販売時に中古車の下取りをする「新車ディーラー」の3つがあります。それぞれ特徴や得意分野が異なるため、車を売却する時には、見積もり金額だけで比較するのではなく、それぞれの特徴を把握して検討することが大切です。各買取業者の概要を紹介します。

車買取専門店

買い取りを専門に行います。買い取った車の販売先は主に中古車オークションです。中古車オークションでは季節によって価格が変動したり、特定の車種が突然人気になったりすることがあるため、車買取専門店は市場のニーズや相場に精通しています。国内外問わず買い手がいて、長期間在庫を抱えないため管理コストも抑えられます。そのような理由で、車買取専門店の査定金額はほかの業者よりも高くなる傾向があります。また、なかには事故車や不動車を専門的に扱っている買取業者もいます。ほかの業者では値が付かないような、廃車覚悟だった車でも思いもよらない買取金額で売れることがあります。

中古車専門販売店

買い取りから販売までを一貫して手がけます。そのため中古車専門販売店は車の売れ行きにとても敏感です。買い取った車は、整備後その店舗や系列の店舗で販売されるか、中古車オークションで販売されます。中古車専門販売店はそれぞれの業者で得意とするモデルやタイプあるため、人気車種だけでなく、その業者が得意とする自動車であれば、高額の見積もりを提示されることがあります。あらかじめ得意とする車種やタイプをチェックしておいて、自分の車を高く買い取ってくれそうな業者を選ぶのもよいでしょう。

新車ディーラー

新車販売業者が新車の販売時に、今乗っている車を下取りしてくれます。下取り価格は新しい車の購入資金に充てられます。新車価格を下げられない時に販売促進のため、下取りの査定価格を上乗せしてくれる場合もあります。新車を購入する予定のある人は、新車ディーラーに下取りをしてもらうのもよいでしょう。下取りは乗り換え時の購入と売却の手間を抑えられるメリットもあります。

買取と下取りの違いは?

前述の通り、「買取」と「下取り」では性質が大きく異なります。買取専門店や中古車専門販売店の「買取」は中古車オークションなどでの販売のために行われるのに対し、「下取り」は新車を売るために行われます。買取と下取りの違いについての詳細は「買取と下取りについて」をご参照ください。

それぞれの業者の特徴を理解して希望にあった売却を

一般に買取価格が高いとされているのは車買取専門店です。もっとも中古車専門販売店や新車ディーラーと車買取専門店を一概に比較することはできません。以前は査定の価格差も明らかでしたが、最近では車の下取り台数が減少傾向となっているため、どの業者も価格変動には敏感です。車の売却は、複数の業者で見積もりを取ってから行うようにしましょう。ネットで中古車の無料一括査定サービスなどを利用するのもよいでしょう。

車査定の買取価格の相場はどのように決められる?

中古車査定の相場は「車種」「グレード」「装備」「年式」「現行モデルか過去のモデルか」といった基本要素に加え、車体ごとに異なる「走行距離」「車検の残存期間」「ダメージや修復歴の有無」などの個別要素と「需要期・閑散期」といった自動車市場を取り巻く外的要因で決まります。それぞれについては以下をご覧ください。

車のモデルやボディタイプなどの基本要素

基本要素は自動車のモデルやボディタイプなど、その車が持つ固有の情報です。そのなかでも「車種」「グレード」「装備」は新車価格の高い車が中古車査定相場も高くなる傾向にあります。ほかにも「ボディカラー」などは中古車市場での人気度も関わってきます。たとえばボディカラーでは黒・白・銀などが人気で、買取価格も高値となることが多いです。

また「現行モデルか過去のモデルか」も重要なポイントです。同じ年式だった場合でも、フルモデルチェンジ前の過去のモデルとフルモデルチェンジ後の現行モデルでは買取価格が変わってきます。それはフルモデルチェンジ前後で見た目や機能などが大きく異なるため、現行モデルに人気が集まって買い取り相場も高くなるからです。ただ新車市場で人気があって比較的値段が高い車種は、中古車で少しでも安く購入したいという人もいるため、過去のモデルでも買い取り相場がそれほど変動しない場合もあります。

車の状態や使用状況などの個別要素

個別要素は車の状態、使用状況によって変化する、その車自体の情報です。たとえば「走行距離」は1年に1万kmが平均的な目安となっており、それを超える場合は買い取り相場が低くなる傾向にあります。そのため同じ基本要素の車種だった場合でも、走行距離が少ない車のほうが買取の相場も高くなります。

ランニングコストの観点から「車検の残存期間」も相場に影響します。車検が残っていればそのまま次の買い手が使えるため、残存期間が長いほど査定額が高くなります。また「ダメージや修復歴の有無」も大事なポイントです。買い取り相場を下げる要因の1つとなるため、なるべく車体はきれいな状態にしておきましょう。修復歴がある場合はトラブルを避けるためにも隠さず告知をしましょう。

中古車市場の状況などの外的要因

外的要因は需要期・閑散期などによって変化する中古車市場の状況になります。中古車市場は年間を通じて安定していますが、その中でも売れる時期、あまり売れない時期はあります。少しでも高く買い取ってもらうならば市場の動向や相場を見極めることが重要です。

一般的にもっとも市場が動くのは、決算時期とボーナス時期です。とくにクルマ市場は3月が一番の繁忙期で動きが活発になります。就職・引っ越しなどにあわせて自動車を買い換えようとする人が多くなり、販売促進のために価格を下げる中古車販売店も増えてきます。そのため、大きく中古車市場が動き出す前の2月ごろが売り時といえるでしょう。

車を売却する時に必要な書類は?

車を売却する際に必要な書類などを事前に用意しておくことで、トラブルなく円滑に車の買取手続きを行えます。主に必要になるものは「実印」「印鑑証明書」「自動車検査証(車検証)」「自動車税納税証明書」「自賠責保険証」「リサイクル券」になります。詳細については「車を売却する時に必要な書類」をご参照ください。


※下記「中古車査定サービスに関する注意点」をご確認の上、ご利用ください

すべて無料

最大30社の見積もりを比較して最高額で売れる

※「中古車査定サービスの依頼に関する注意点」をご確認の上、ご利用ください。