中古車査定で売る時に必要な書類:車買取・中古車査定

車買取・中古車査定ガイド - 中古車査定の基本

中古車査定で売る時に必要な書類

中古車査定で売る時に必要な書類

車を売却する時には、いくつかの書類が必要となります。これらを事前に用意しておくことで、車の買取手続きをスムーズに行えます。

書類には業者が用意してくれるものと自分で用意するものがあります。委任状や譲渡証明書などは車を買い取る、または下取りをする業者で用意されることが多いです。そのほか、市区町村役場で取得する書類や、車に保管してある書類もあります。それでは、車の売却時に自分で用意しなければならない書類には何があるのでしょうか。詳しくみていきましょう。

1.実印

自動車を売却する時には、移転登録(名義変更)を行います。その際に譲渡証明書や譲渡委任状に実印で押印する必要があります。軽自動車の場合は認印でもかまいません。

2.印鑑証明書

押印した印鑑が実印であることを証明する、印鑑証明書も用意しておきましょう。発行日から3か月以内のものが有効となります。印鑑証明書は各市区町村の窓口や、対応している場合はコンビニでも発行してもらえます。

3.自動車検査証(車検証)

国が定める安全基準を満たしているか定期的に検査し、発行される自動車検査証(車検証)は、車の売却時にも必要となります。車検証は常に車に備えておくべき書類ですから、あらためて準備をしなくても結構です。ディーラーローンの支払いが完了していないなどの理由で、車検証の所有者が販売店やローン会社になっている場合は、ローンを完済した後に別途、所有権解除の手続きを行い名義を変更してください。

4.自動車税納税証明書

自動車税、あるいは軽自動車税が納められていることを証明するのが、自動車税納税証明書です。送付された自動車税納税通知書(納付書)をコンビニや金融機関に持参して、自動車税を支払うと収納済印が押されて証明書が返却されます。紛失した時は各都道府県の税事務所で再発行してもらえます(軽自動車は市区町村の窓口)。また、納税証明書には有効期限があるため注意が必要です。

5.自賠責保険証明書(自賠責保険証)

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)は自動車を購入したら加入が義務付けられている損害保険です。保険証明書はたいてい、自動車検査証(車検証)と一緒にグローブボックスなどに収められています。車とセットの補償のため、売却時には自賠責保険証明書(自賠責保険証)も必要となります。紛失した場合は保険会社で再発行が可能となりますので、相談してみましょう。

6.リサイクル券

自動車の購入時には自動車リサイクル法に基づくリサイクル料金を支払っています。それを証明するのがリサイクル券で、こちらも車検証などと一緒に保管されていることが多いです。リサイクル料は廃車時に必要なもので、車の売却時には戻ってきます。査定額に上乗せされる場合と別で支払われる場合がありますので、買取店にリサイクル料の扱いを確認しましょう。紛失した場合は自動車リサイクルシステムのホームページから「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷すれば、証明書の代わりになります。

7.その他必要な書類

自動車検査証に記載されている住所と印鑑登録証明書の住所が異なっている時や、結婚などにより名字が変わった場合は、住民票も必要になります。ほかにも必要な書類がないか、買取店などに愛車を売却することが決まった段階で、問い合わせておきましょう。

上記の通り、車を売却する時に必要な書類は数多くあります。余裕をもって確認し、事前に用意できるものがあれば、あらかじめ準備しておきましょう。

中古車査定をはじめる!

あなたの愛車の査定額を調べましょう
見積もり無料、入力はたった3分 一括査定依頼スタート

※下記、「中古車査定サービスに関する注意点」をご確認の上、ご利用ください。

関連記事

  • 中古車査定で「お得」に手放す
    中古車査定で「お得」に手放す 愛車の適正な売却額の確認の仕方や査定額が高まる裏事情を知る事で査定額を増やしていくことができます
  • 車査定で高く売るポイント
    車査定で高く売るポイント 車査定の査定項目がどのように影響が出るのかを学び、買取価格を高くするポイントを覚えましょう。
  • 買取と下取りについて
    買取と下取りについて 新車ディーラーでの下取りと、買取専門店に売る方法があります。比較して有利な方へ売却しましょう。

注目のコラム

中古車査定の特集・記事

すべて無料

最大30社の見積もりを比較して最高額で売れる

※「中古車査定サービスの依頼に関する注意点」をご確認の上、ご利用ください。