愛車を高く売るためのポイント:車買取・中古車査定

車買取・中古車査定ガイド - お得に売却する方法

車の査定額を上げるため、押さえておくべきポイントは?

車査定でどこをチェックされるか

車査定で高く売るポイント

車の査定にはいくつか決まったチェックポイントがあります。査定額を上げるにはそのポイントを押さえておくことが大切です。

まず、基本となるのは「車種」「グレード」「年式」「走行距離」といった車の基本情報です。これはどの中古車市場でも査定のベースとなります。そこにボディーカラーやインテリアの色なども加味されます。

※下記「中古車査定サービスに関する注意点」をご確認の上、ご利用ください

ボディや内装の傷やへこみといった、車の状態も重要なポイントです。整備手帳の内容や事故歴の有無なども査定対象となります。傷やへこみは放置せず、まめに補修しておくよう心がけましょう。

また、メンテナンスプログラムに入るなどして定期的に手入れをしたり、ボディーコーティングをしたりなど、日頃のメンテナンスをしっかり行っていれば、プラスの査定をしてもらえる可能性が高くなります。

ほかにも車についた汚れや、においも査定のチェックポイントになります。査定前には車をきれいにしておき、たばこやペットなどのにおいも、消しておきましょう。

以上の項目以外にも各社が独自に定める査定基準があり、その基準にしたがって査定士がチェックします。

オプションの取り扱いはどうなるか

オプションはもっとも評価が分かれるポイントです。メーカー純正かどうか、市場で人気のオプションかどうか、正しく取り付けられているかどうかなどの条件により、業者の取り扱いが異なります。

プラスの査定となるのは、新車の製造工場で装着されるメーカーオプションが付いている場合です。たとえば「横滑り防止装置」、「4WS(後輪操舵)」、「リアシート用のサイドエアバッグ」、「ディスチャージヘッドランプ」などが挙げられます。ほかにも「アラウンドビューモニター」や「ドライブレコーダー」、高品質の「カーオーディオ」などは社外品であってもプラスになることが多いです。ただ、メーカーオプション以外については設置の仕方や状態によってはマイナス査定に傾くこともあります。

また、メーカーの純正品以外のエアロパーツ、アルミホイールなどはマイナスの査定となることが多いです。純正品も持っている場合は、必ず査定士に伝えましょう。

チューニングカーベースのクルマの場合、人気のオプションを装着していれば中古車ニーズも高くなります。こうした車は、取り扱いのある専門店で査定してもらうと、社外品のオプションでもプラスに働き、査定額を高く提示してくれる可能性があります。

このようにオプションの取り扱いは、業者によってさまざまです。そのため、車の買取りや下取りをする際に、より高い査定価格で売却するためにも、複数の業者に査定を依頼しましょう。

クルマを高く売るために必要なこと

クルマを高く売るためには、できる限りきれいな状態を保ち、日々のメンテナンスも怠らないことが大切です。オプションも人気のものであれば、プラスの評価を受けることもあります。今、どんなオプションが人気かなど、日頃から敏感にリサーチしておくとよいでしょう。

※下記「中古車査定サービスに関する注意点」をご確認の上、ご利用ください

関連記事

  • 車査定で高く売るポイント
    車査定で高く売るポイント 車査定の査定項目がどのように影響が出るのかを学び、買取価格を高くするポイントを覚えましょう。
  • 中古車査定の売れるまでの流れ
    中古車査定の売れるまでの流れ 中古車の査定から買取・売却までの流れを完全に理解してよりお得に売却しましょう。
  • 買取と下取りについて
    買取と下取りについて 新車ディーラーでの下取りと、買取専門店に売る方法があります。比較して有利な方へ売却しましょう。

注目のコラム

中古車査定の特集・記事

すべて無料

最大30社の見積もりを比較して最高額で売れる

※「中古車査定サービスの依頼に関する注意点」をご確認の上、ご利用ください。