走行距離と車査定額の関係について:車買取・中古車査定

車買取・中古車査定ガイド - 中古車査定お役立ちコラム

車の走行距離と査定額の関係について

走行距離を重視する理由

走行距離と車査定額の関係について

車査定の時に査定士が見ている基本的なポイントには、「年式・グレード」「車の状態」「走行距離」があります。なかでも「走行距離」が重視されることが多いです。それは走行距離により、「車の寿命」を知ることができるためです。

車は乗り続けていると各種部品が消耗していきます。走行距離が長い車だと部品の寿命も短くなり、査定で提示される金額も低くなります。しかし、そういった車でも売却先を選べば、それなりに高く売ることができます。

それでは走行距離が長い車の目安や高く売る方法には、どのようなものがあるのでしょうか。

※下記「中古車査定サービスに関する注意点」をご確認の上、ご利用ください

走行距離の目安とは

走行距離は1年間で1万kmが目安となり、それより多いか少ないかが1つのポイントです。つまり、走行距離が5年で3万kmだと「短い」、7万kmだと「長い」となります。

ただし、短ければよいというわけでもありません。車はある程度動かすことでコンディションを維持できます。あまりに動かさないでいると、部品のゴムが切れやすくなったり、金属部にさびが発生したりして、劣化してしまいます。状態によっては、部品を交換しなくてはなりません。

そのため、たとえ10年で走行距離がわずか2万kmという車であったとしても、査定額が上がるわけではありません。

走行距離が長いと売れなくなるのか?

走行距離が累計で5万kmを超えると「多走行車」、10万kmを超えると「過走行車」と呼ばれます。以前は、10万kmを超える過走行車は故障が多いため買い手がつきにくく、査定額がかなり下がる傾向がありました。しかしエンジン性能の向上により、10万km走った程度では、めったに故障しなくなりました。20万kmや30万kmを走っても、問題なく走行できる車も多くあります。

東南アジアやアフリカなどの海外では、日本の車は性能がよいとされ、中古の過走行車であっても売れ行きは好調です。ただ、ミャンマーやベトナムなどの一部の国では輸入規制があり、実質輸出ができない場合もあります。しかし、規制のない国への輸出や修理用の部品としての需要もあり、中古車の海外での流通は全体的に増加傾向となります。

そのため海外への販売ルートを持つ業者であれば、思いがけない高値になることもあります。走行距離には目安を定められてはいますが、超えたからといって売却できないわけではありません。

過走行車を少しでも売りたいなら、押さえておきたいポイント

過走行車を少しでも高く売りたい場合、気を付けておきたいポイントがあります。

まず1つは、タイミングベルトなどの消耗品のメンテナンスを忘れないことです。エンジンは10万kmを超えても壊れることはあまりないですが、タイミングベルトは長く使うことで劣化していきます。定期的に確認し、交換しておくとよいでしょう。消耗品の交換などのメンテナンスを行っているかどうかで、車の寿命も変わります。そのため、査定額にも影響が出てきます。

つぎに「下取りには出さない」ことです。ディーラーの下取りでは、過走行車はまず値がつきません。海外への販売ルートを持っている業者に査定を依頼することで、少しでも高く売ることが可能となります。

一括見積もりサービスを利用すれば、効率的に海外への販売ルートや、より高い査定額をつけてくれる業者を見つけることができます。活用してみるのもよいでしょう。

※下記「中古車査定サービスに関する注意点」をご確認の上、ご利用ください

関連記事

  • 車査定時に傷は直すべき?
    車査定時に傷は直すべき? 傷を直すとなると、意外に費用がかかるもの。それを超えるほど、査定額に影響が出るのでしょうか?
  • 車査定で高く売るポイント
    車査定で高く売るポイント 車査定の査定項目がどのように影響が出るのかを学び、買取価格を高くするポイントを覚えましょう。
  • 買取と下取りについて
    買取と下取りについて 新車ディーラーでの下取りと、買取専門店に売る方法があります。比較して有利な方へ売却しましょう。

注目のコラム

中古車査定の特集・記事

すべて無料

最大30社の見積もりを比較して最高額で売れる

※「中古車査定サービスの依頼に関する注意点」をご確認の上、ご利用ください。